診療案内

一般歯科

HOME > 診療案内 > 一般歯科

一般歯科について

  • 患者様にご負担の少ない治療を心掛けております。患者様のご要望やお悩みをしっかりとお伺いした上で、最善の治療法を提供しております。

    女性

    「一般歯科」とはむし歯の治療、歯の根の治療、歯周病の治療、
    入れ歯の治療などをさし、「歯が痛い」などの症状を治すための治療です。
    つまり最も需要の多い通常の歯科治療です。

    三宅歯科医院では、丁寧な説明と患者様お一人お一人のご要望に沿った治療を
    心掛けています。
    最新治療と同時に基本的な治療を確実に行います。

むし歯治療

  • 「できる限り削る量を最小限にすること」「ご自身の歯を残すこと」を常に心掛けております。

    むし歯の治療を行ったり、失った歯を補ったりといった、いわゆる歯医者さんでの治療です。
    一度切削して詰め物や被せ物をした部位には、境界部の二次的なむし歯のリスクが発生します。
    神経を取った歯には、根尖病変(根の先端の周囲の骨が化膿すること)のリスクが発生します。
    また、入れ歯になると、支えになる(バネがかかる)歯に過剰な負担がかかって、更なる歯の喪失につながります。

    そのため、治療介入する際はこれらのデメリットをふまえた上で、それでもなお必要と判断された場合に、
    少しでも再治療せずに済むような配慮のもとで、行われるべきと考えています。
    その際に大事なのが、基礎となる部分である根管治療(神経を取った後の根っこの治療)や、
    次項に示す歯周治療(歯槽膿漏の治療)であり、当院では特に力を入れています。

歯周病治療

  • 定期的なメンテナンス(お手入れ)とホームケアの組み合わせで、お口の中の健康の維持を目指しましょう。

    歯磨き

    歯周病は、歯と歯ぐきの間のすきま(細溝)にたまったプラーク(歯垢)の中の
    歯周病菌により引き起こされる病気です。
    歯周病の発病・進行には、毎日の生活習慣に潜む色々なリスクファクター(危険因子)
    が関わっています。
    歯周病は自覚症状が少ないので、気づいていない方が多いのですが、
    実際は多くの方が罹患しているのが現状です。
    症状があらわれた時には、かなり進行していることがほとんどです。

    歯石除去やクリーニングをご提案し、その方に適した歯みがきの方法や
    歯ブラシの選び方をアドバイスします。

  • 【歯ぐきの下の歯石】

    【歯ぐきの下の歯石】

  • 【進行した歯周病】

    【進行した歯周病】

  • 痛みのないレーザー治療をご存知ですか?

    レーザー治療

    歯科用レーザーを使用することで、極力痛みを抑え、
    患者様に不快な気持ちを与えず、悩みを解決すると共に
    良好な経過を得ることのできる最先端の機械です。
    レーザー治療としては、以下のものがあります。

    ●歯周病(しそうのうろう)-----消炎効果

    ●口内炎や義歯の接触痛-----消炎効果

    ●根管治療(なかなか治らない根の治療)-----殺菌・消毒効果

    ●抜歯後の出血・痛み-----殺菌・消毒・止血効果

    ●知覚過敏(歯がしみる)-----蒸散効果

    ●むし歯予防及び初期のむし歯-----蒸散効果

    ●メラニン色素沈着(歯肉が黒い)-----蒸散・組織の活性化
    生まれつきの色素の量にもよりますが、喫煙等によっても引き起こされます。
    歯茎が黒くなり、不健康な印象を与えます。

    ●黒毛舌(舌が黒くなる、味覚異常)-----蒸散・組織の活性化
    喫煙の習慣や抗生物質の服用によって起こります。
    舌の表面が乾燥し、ざらつき、味が分かりにくいなどの症状が発生し、断続的に出血や痛みを起こします。

  • 知覚過敏

    超高齢者社会到来のなか、歯の寿命が格段に伸びて来ました。

    天然歯の保存が進む一方で、歯の加齢現象や根面う蝕が多く見られるようになってきており、象牙質知覚過敏症を訴えいる患者さんが急増しています。

    また、昨今の健康ブームによる酸蝕症やストレス、咬合(咬耗、摩耗)などが深く関与しています。

    象牙質知覚過敏症への対処には、まず、生活習慣の改善や歯みがき指導が第一でありますが、症状を訴える患者さんに対し、知覚過敏薬の歯面への塗布や、レーザー照射が有効です。

    歯みがき時の疼痛や、飲食時に歯がしみる方は気軽にご相談ください。

  • 知覚過敏

    画像1

    歯みがきの強さが強すぎたり、不適切な歯ブラシの使用が原因でエナメル質がすり減り、象牙質が露出した状態。
    (くさび状欠損)

  • 知覚過敏

    画像2

  • 口内炎

    口内炎は体のSOSサインです。

    ストレスや睡眠不足・風邪などで体が弱り、免疫力が低下すると、口の中の細菌がチャンスとばかりに暴れだし、口内炎になりやすくなります。

    その他の原因には、偏食による鉄分やビタミンの不足や、唾液の分泌が不足することで口の中が乾きやすくなり、ちょっとした刺激でも口の中の粘液が傷つきやすくなり、その傷ついた粘膜に細菌が入り込み、口内炎を作ります。

    口内炎が出来ると、自然治癒するのに1~2週間かかります。

    食事時の疼痛がかなりありますので(※特に塩分の強いもの)、お早めにご相談下さい。

    レーザー照射やアフターゾロン軟膏が有効です。


    ~口内炎予防に有効な食べ物~
    ビタミンA ・・・ ほうれんそう、レバー
    ビタミンB2 ・・・ 納豆、うなぎ
    ビタミンB6 ・・・ イワシ サンマ

診療時間表
三宅歯科医院

【所在地】〒768-0103 香川県三豊市山本町財田西315
【TEL】0875-63-8500
【診療科目】一般歯科 / 小児歯科 / 予防歯科 / 床矯正歯科
【駐車場】15台
【休診日】木曜午後・日・祝日

>> お問い合わせフォームはこちら