歯いつもマルマル

0875-63-8500

〒768-0103 香川県三豊市山本町財田西315-1

診療時間
ブログ

前歯を使って良い顔をつくりましょう

前歯で咬んでいますか?

前歯の歯根膜と、上顎骨への刺激が必要です。顔に占める上顎骨の量を考えましょう。

前歯は噛み切る歯です。前歯で咬むことで、上顎の骨を育成しましょう。一生の顔の問題です。

 

8歳2か月の男の子です。

しっかり咬まなかったことが原因で、上顎骨の発達不足が生じています。

歯を正しく使うことで、顔に変化が起こります。毎日の食事で、食べ物をしっかり咬む刺激が、上顎の骨の発育に変化を起こし、

顔は「良い顔」になっていくのです。

10歳を過ぎると、これだけの治療効果は期待出来ません。

 

お母さんは、食材を大きくするか、短冊切り状にして、「前歯で咬む食事」「咬む回数の多い食事」を用意しましょう。

 

    矯正口腔免疫トレーニング装置 

       パナリング

1.2.3と頭の中で数を数えて軽く咬み、4でかみしめて5でぱっとかむのをゆるめます。

きつくかむ行為からゆるめることで血流がよくなります。

5歳7ヶ月です。歯と歯の間にすき間がなく、ぎっちり乳歯です。

6歳5ヶ月まで、パナリングを1日3分毎日咬みました。

 

10ヶ月後に、歯と歯の間にすき間ができてきましたが、まだ足りません。

«

»

トップへ戻る