👴フレイル予防👵

おとといの午後、夢タウンのエディオンに用事があり、2階に行くと、エレベーター付近に白衣を着たドクターらしき人が6名くらい居ました。

前を通りかかると、『今、フレイルの検査が出来ますよ~。やってみませんか?』

と声をかけられました。『どんな事をしてくれるのですか?』

『骨密度とかが分かります』

『ありがとうございます。今はちょっと用事があるので、また・・・・』

『15時まで受付しています。』『はい。わかりました。』

やってもらうはずだったのに、つい宮脇書店で立ち読みして、時計を見てなくて・・・15時2分に行ったら、受付終わってた(*´з`)

 

『フレイル』って何??知っていますか?

フレイルを直訳すると、”虚弱”ですが、詳しく言うと・・・

『高齢者における健康状態と、要介護状態の間に位置する虚弱な状態』を指します。

 

この『フレイル』から健康な状態のほうへ少しでも戻すことができるかどうかで、

将来、要介護状態になることをできる限り先延ばしにし、年齢を重ねても自立した生活ができ、

健康を維持して、人生を謳歌できるかどうかが決まります。

 

フレイルの意味は、筋力の低下の他にも、心理的に人と会うのが億劫になったり、旅行や外出することが

面倒くさいなどの気力の低下から、うつ病や認知機能の低下になり、社会的な虚弱状態も含まれています。

 

人と接する機会が少なくなることは、認知機能の低下になり、家の中に閉じこもるばかりで運動を全くしなければ、

急激に身体機能も衰えてしまいます。

 

実は、加齢に伴うフレイル対策をするには、はたらき盛りの40代の頃からきちんとした生活習慣と栄養摂取方法を

実践しておくことが重要です。我が国では、予備軍も含めると、糖尿病患者が約2千万人いると推計されています。

高血圧症や脂質異常症の延長線上には、心臓病や脳血管疾患の危険性が潜んでいるので、現在では、国を挙げて

メタボ予防が盛んに宣伝され、自治体や企業でメタボ検診が行われるようになりつつあります。

 

わたしの夫は、小学校時代は野球部、中学校で水泳部、高校では柔道部、大学時代はボクシング部でした。

ボクシング部時代は、体重制限があり、試合前には身長168cm55㎏だったそうです。

 

大学を卒業後、香川県に帰省後は、過度な運動から趣味のゴルフへ・・・・食事も制限がなく、

ビールに名物の親鳥、焼き鳥、うどん、焼肉&しゃぶしゃぶ・・・・いつしか90㎏になりました。

 

毎週末はゴルフ場のコースが散歩や運動になっているからと、安心していましたが、

47歳で一夜にして死亡しました。太っていて、気道が狭く、寝るといびきが凄くて、

無呼吸症候群で、シーパップをつけて寝ていました。

 

退職してから趣味程度にスポーツや運動では遅いのかもしれません。

脂肪は死亡につながります。

 

夫の死後、夫の知人で、自分もこのままではいかん‼と、生活習慣を見直し、運動して、10㎏痩せられた方、20㎏痩せられた方がいます。

もしも、自分はメタボで、自分ヤバいかも・・・・?と思っている方は、他人事と思わず、

『明日は我が身』だと思って、フレイル予防をすることをお勧めします。

 

患者Aさん『ご主人大変やったなあ~』

わたし『はい。突然でした。』

患者Aさん『わしも、一回死んだ!』

わたし『ええっ?どういう事でしょう?』(; ・`д・´)

患者Aさん『家で酒飲んで寝てたら、心臓が止まってたらしい・・・気が付いたら、娘が泣きながらわしの心臓必死で押しよった。』

わたし『うわあ~~それは、本当に!助かって良かった』

 

心臓・・・・おそるべし・・・・