🐼山本小学校講演🍚(2015年)~10分~

三宅歯科医院の三宅一恵です。

はじめに少しだけ、わたしの自己紹介をさせて頂きます。

私は徳島県の板野町というところで生まれました。

今は、若い方達の間でも88ヶ所巡りが人気で、お遍路をする人が増えてきましたが、

わたしの実家は、3番札所(金泉寺)から4番札所(大日寺)に行く途中の遍路道沿いにあります。

 

祖父の代から父、そして兄、わたしと、三代続けて歯科の仕事をさせて頂いていますが、

曾祖父(ひいおじいさん)の代までは、酒造業をしていました。

お酒を造っていた時は、沢山のひとの出入りがあったそうです。

ある日のこと・・・お遍路さんが、ちょうどわたしの実家の前を通りかかった時、

二階の屋根から火の手が出ているのを見て、いち早く教えてくださったので、

おおきな火事には至らず、ボヤ程度で済んだそうです。

それからは、前を通りががるお遍路さんに、感謝を込めてお接待をするようになったと、

父から聞いた事があります。

 

大阪にいる親戚の知人の紹介で、ご縁があり、平成15年に嫁いできました。

昔からよく、讃岐男と阿波女は、相性がいい‼といわれていますが、

毎日、主人と仲良く歯科の仕事、そして山本町の校医をさせて頂いています。

あっ!・・・・余談が長くなってしまいましたが、そろそろ歯の話をさせて頂きます。 (2分)

 

先日、山本小学校の歯科健診をさせて頂きました。

児童の口腔内を診させて頂き、感じたことは、あごが小さくて、将来、歯並びが悪くなる児童が沢山いるなあ

と思いました。

散歩や運動をしないと、足の筋肉も弱くて発達しないように、

あごも、しっかり噛んであげないと成長しません。噛む力も強くなりません。

 

今日は、なぜ?歯並びや嚙み合わせが悪くなるのか?

その原因と、それを自宅で予防、改善できる方法を、これからお話させて頂きます。

 

まだ永久歯が生えていない児童のみなさん、『歯と歯の間にすき間はありますか??』

下の前歯は5歳半~6歳、上の前歯は7歳くらいの時期に、

乳歯よりかなり大きいおとなの歯が生えてきますが、すき間のないぎっちり乳歯では、

正しい位置に歯は並びません!

 

上のあごは7mm、下のあごは5mmのすき間が無ければ、

2番目の歯が、やがて1番目の後ろから生えてきてしまいます。

今、このような児童が年々急増しています。

 

なぜ?よく噛む事が大切かと言いますと、よく噛むことにより、

あご、そしてあごを動かしている筋肉が、調和のとれた発達をしますので、

最近よく話題の『顎関節症予防』になります。

また噛むことで『唾液が充分に分泌され、食物の消化を助ける』だけでなく、

『虫歯菌の産生する酸を中和する』効果がありますので、お口の中の健康を保つことにも役立ちます。

 

さらに、噛むことは、『脳の働きを活性化させる』事までわかってきており、

よく噛むことが、最近特に重要性を持ってきています。(5分)

 

それから、昔より栄養状態が良くなったせいでしょうか~~??

児童の歯が昔より巨大化して、歯の幅径が大きくなってきている様に思います。

断定はできませんが、最近の歯科の専門書にも、そのような事が書かれていました。

 

『あごの縮小化に対しての歯の巨大化』??

これが本当なら、ますます歯並びの悪い児童が増えることになります。

 

次に気になったことは、学校健診で順番を待って並んでいる児童の口が半開きで、

口をきちんと閉じていられない人が沢山居たことです。

いつも口が半開きになっている人・・・( ゚Д゚)

 

これは、お口の周りの口輪筋が弱い人や、鼻炎、鼻アレルギーで、鼻の通りが悪い人に見られます。

鼻に原因がある人は、耳鼻科の方も受診して、相談されることをお勧めします。

鼻の炎症(鼻詰まり)などがあると、歯並びが悪くなる可能性が高いので、気を付けてください。

 

それでは、今から、『自宅でもできる唇の筋力を鍛える簡単な方法』を2つお伝えします。

 

1つ目は・・・毎日風船を膨らますことです。

2つ目は・・・お口をおおきく動かして、『パンダキムチ』という言葉を1日100回繰り返す

という方法も効果があります。

 

☆彡では、今からわたしが、大きく口を動かして、ゆっくり2回やりますので、皆さんも一緒にやってみてください。

       ・・・( ^ω^)・・・では・・・・いきます・・・・(*´з`)

『 パ ン ダ キ ム チ 』 

『 パ ン ダ キ ム チ 』

 

これを早口でやりますと、・・・パンダキムチ・・・パンダキムチ・・・パンダキムチ・・・パンダキムチ・・・x100回

保護者のお母様方も、ご自宅でこれを1日100回されますと、顔や首筋が引き締まって、

美容にとても良いと思います。(*^▽^*)

もしくは、本格的に唇の筋肉を鍛えたいなら、歯科医院でトレーニング器具を購入してください。(8分)

 

最後に、『舌筋のトレーニング』についてお話させて頂きます。

皆さんはいつも、自分の舌を、どこに置いていますか??

舌の先は、いつもどこにありますか??

 

正しい位置は、上のあごの前歯の少し後ろあたりです。

これが下のあごの方にぺたん!と落ちて下の歯のうしろにある人がいますが、

これを『低位舌』といい、歯並びが悪くなる原因のひとつです。

 

特に反対咬合(うけ口)になっている人は、

歯のうしろから舌で押さないように、舌を上のあごの前歯の少し後ろあたり

にいつも位置ずけるようにして下さい。

 

それから、つばを飲み込むときの『ごっくん』

食べ物を飲み込む時の『ゴックン』

となる現象を『嚥下』というのですが、この時に舌が前に出て、歯を押してしまう癖がありますと、

前歯が閉じなくなってしまいます。(開口)

 

人は1日に何1,000回となく嚥下を繰り返しています。

そのたびに、うしろから前歯に押す力がかかると、前歯がどんどん開いてしまいます。

これを予防するには、舌の筋肉を鍛えて、前に舌が出ないようにすることが大切です。

 

ご家庭で舌の筋肉を鍛える方法としては、ガムを舌でまん丸く丸めたり、

さくらんぼの枝を結んだりすることも、とても効果があります。

もしくは、本格的に舌筋をトレーニングしたければ、歯科医院で、トレーニング器具を購入してください。

 

最後に、大切なことをもう一度まとめますと、

歯には常に、唇、頬と舌の筋肉の圧力がかかっていて、

この圧力がバランス良く歯にかかっていて初めて、

きれいな歯並びが形成されるということ。

 

これが理解できれば、

指しゃぶりや爪噛み、口ポカンや舌なめずりなどの

なにげなく行っている日常の癖が、いかに歯並びに影響を与えているかが、理解して頂けると思います。

 

今現在、(口ポカン)(つめ噛み)(舌唇嚙み)(舌なめずり)をやっている児童の皆さん!

今日から意識して、その癖を少しずつやめていきましょう。

そしてしっかり噛んで、あごを成長させてください。。。。

みなさんのすこやかなる顎の成長を願っています。(^_-)-☆ (10分)