🍓むし歯の予防🍈

むし歯について、『その予防は?』と質問しますと、大抵の方は『歯磨き&フッ素』と答えるのではないでしょうか?

もしくは、キシリトール・・・なんて答える方もいるかもしれません。

 

では、CCP-ACP配合(リカルデント)‼MIペースト!はご存知ですか?

これをフッ素と併用する事で、さらに相乗効果をもたらし、歯質強化&むし歯予防効果がかなりアップ⤴⤴するんですよ。

リカルデントガムも販売されてますね。(1日4個くらい噛みたい)

皆さん理科の授業で、酸性、中性、アルカリ性とか、PH値7が中性、とか習ったと思いますが、むし歯菌は、砂糖(ショ糖)を原料にして、酸をつくります。そして、どんどん口の中は酸性状態になり、PH=5.4以下になると、歯が溶け出します。

それを防ぐのに、唾液の再石灰化作用がありますが、その作用よりも溶け出す量が上回れば歯に穴が開いて、虫歯になってしまいます。

私たちの歯は、カルシウムやリンといったミネラルで構成されていますが、強い酸性状態が続くと、少しずつ歯からミネラルが溶け出していってしまいます。

CPP-ACP(リカルデント)は

メルボルン大学のレイノルズ教授らのグループによって開発された、牛乳由来タンパク質の分解物である

カゼインホスホペプチド(CCP)と、リン酸カルシウム(ACP)の複合体です。

これは、生体が利用可能なカルシウムとリンを高濃度で口腔内に供給してくれます。

子供3人同じように仕上げ磨きしてるのに、ひとりだけ兄弟でも虫歯になりやすいお子さま、前歯が白濁して白っぽくまだらな色になってしまってお悩みの方や、ブラケット矯正中でむし歯予防ケアをしたい方には、とても有効です。

 

フッ素はむし歯菌の働きを抑えるのに対して、

MIペーストは細菌が作り出した酸を中和してくれます。

フッ素はむし歯になりかけた歯を修復し、歯質を強くするのに対し、

MIペーストは歯の内部にカルシウムやリンを供給してくれます。

分かりやすく言い換えれば、フッ素はリンス剤で、MIペーストはトリートメント剤みたいなものでしょうか。

 

フッ素入りの歯磨き粉で歯磨きしてから塗布します(その方がフッ素が歯に取り込まれやすくなります)。

顔を洗顔した後に顔パックする感じの要領で、歯にしばらく塗布してしばらく置きます(約3分)と、歯に必要なミネラルが浸透して入っていきます。

MIペーストには、5つのフレーバーがそろっています。

メロン🍈、ストロベリー🍓、バニラ🌸、ヨーグルト🍶、ミント🍃味があります。

人気があるのは、ストロベリー🍓とバニラ🌸です

 ⁂本製品には、牛乳由来成分が含まれています。