やさしい人

わたしは小さい頃、割と繊細な性格で(変なとこ大胆ですが)、人から何か言われるとすぐ気にするタイプでした。

だから、性格のあまりよろしくない人と会話したりした日には、気分が落ち込み、考えてしまう方でした。

『なんであんな風に人の嫌なことばかり言うのだろう?』とか…

うわさ話が大好きで、人の行動ばかりに文句をつけている人がいるけど、

『なんであんなにひねくれたり、人のことを妬んだりするのだろう?』とか…

端から見ると、かなり恵まれた環境に身を置きながら、

『聞いて、聞いて…わたし…こんなにかわいそうなの…大変なの!』???

周りの人が困っていても、延々と話す人が居る。(そのくせ、人のことは無関心

逆に、

端から見ると、かなりのきつい状況なのに、いつも愚痴ひとつこぼさずに、

いつもニコニコ笑顔で、思いやりや気配りが出来て、明るく輝いている人が居る。

その人が居るだけで、その場所が和やかになり、温かくてとても優しい気持ちになれる。

そして、そのような人は、相手の話を深く聞き、相手の心を感じようとしてくれる。

その人を見ていると、わたしも頑張ろうという気持ちにさせてくれる。

 

かつては・・・自分も精神的にかなり参っていた時期があった。

『聞いて聞いて…わたしこんなに…大変なの!』

始めの数回は友人も聞いてくれる。

けれど、みんなも自分のことで毎日精一杯

段々負担が相手にもかかり、そのうち迷惑がられるようになる。

 

やがてわたしは人に愚痴る自分を反省した。

それ以降は、本屋で自己啓発本を読みあさった。

つらい時は、自分の心に残る素敵な言葉を思い出した。

 

母親は辛いときはいつもこう心の中で呟くのだそう・・・

『なるようになる』

そう・・・わたしもこれまでいつも、なるようになって・・・いまがある。

 

最近、素晴らしい本と出会えた!

読んだ時、これを書いた著者は本当に凄い!と思った。

前から有名な人だけど。沢山の著書も出されているみたいだけど。

値段が500円‼これまたびっくり‼最低でも1200円だろう‼

 

 

わたしはこの本を読んで欲しくて

自分だけにとどまらず、

少々強引にわたしからプレゼントされたひと・・・現在4人

10冊は買う予定でいます。

やさしい人  著者 加藤諦三  PHP研究所