診療案内

歯ぎしりマウスピース

HOME > 診療案内 > 歯ぎしりマウスピース
  • 歯ぎしり簡単セルフチェック

    ・起床時、口元や顎が疲れている。重い。

    ・寝る前より、朝起きた時の方が知覚過敏を感じる

    ・歯にヒビがある。欠けたことがある。

    ・頬の内側、舌を噛んだ痕がある。

    ・集中している際、口元に力が入っている。

    ・治療済の詰め物や被せ物が取れやすい。


    セルフチェックはいくつ当てはまりましたか? 多く当てはまった場合は、早めに歯医者さんに相談しましょう。

    歯ぎしりは、自覚症状がないものなので、発見が遅れると、口元だけでなく、身体にまで悪影響を与えます。
    歯ぎしりにより、歯や歯茎、顎にかかる力は約40~60kg、人の体重と同じくらいかかると言われています。

    守る方法の一つとして、マウスピースがあります。
    市販で購入したマウスピースもおすすめですが、長く使用しているとマウスピースの型が崩れてきてフィットしなくなり、装置すると痛みを感じることもあります。そのため、継続的に使用したい方やしっかりと歯ぎしりを治したい方は、歯科医院で歯型をとり、自分に合ったマウスピースを作られることをお勧めします。

診療時間表
三宅歯科医院

【所在地】〒768-0103 香川県三豊市山本町財田西315
【TEL】0875-63-8500
【診療科目】一般歯科 / 小児歯科 / 予防歯科 / 床矯正歯科
【駐車場】15台
【休診日】木曜午後・日・祝日

>> お問い合わせフォームはこちら