診療案内

予防歯科

HOME > 診療案内 > 予防歯科

フッ素

  • フッ素の効果

    1. 歯質を強化し、むし歯になりにくい歯にする。
    2. むし歯になりかけた部分の再石灰化を促進する。
    3. 抗菌作用や抗酵素作用により、むし歯菌の活動を抑制する。

  • フッ素を塗る時期

    フッ素は歯の萠出直後に塗るのが効果的です。
    乳歯列が完成した3歳頃~永久歯が完成する12歳頃まで、3ヶ月おきに塗布(年に4回)していただくのが有効です。

  • 塗布方法

    まず、歯ブラシや綿球でフッ素をぬります。(当医院で使用しているフッ素はりんご味です。)
    その後は30分、飲食・うがいを控えていただきます。

    【効果】虫歯の抑制率は30%~50%とかなり効果があります。

  • フッ素洗口(うがい)

    ごくごく薄い濃度のフッ化物溶液でうがいをしていただくことによって、
    むし歯を予防することができます。

    ご自宅でも毎日の就寝前のフッ素洗口(うがい)をお勧めします。

    30秒から1分間洗口「ブクブクうがい」を行います。
    洗口ができるようになる3歳頃から13歳ぐらいまで続けると、より効果があります。

    <効果>
    小学校で6年間継続して実施した児童の永久歯に対するむし歯予防効果は35%~50%であり、
    特に、萠出途上からフッ化溶液の作用を受けた歯では、予防効果が高いようです。

    フッ素入り歯磨剤
    現在多くの歯磨剤にフッ化物が配合されていますが、フッ化物の濃度は500ppm以上、できれば900ppm以上くらいのものが望まれます。
    歯科医院内に置かれている歯科用歯磨剤は、950ppmの高濃度のフッ素が含有されていますので、予防効果が高いです。

【950ppmのフッ素濃度が高い歯磨剤です】

PMTC

  • PMTCとは

    PMTCとは、歯の表面に付着しているバイオフィルム及び着色の除去を目的とした、プロフェッショナルケアです。
    バイオフィルムは細菌の塊であるプラーク(歯垢)が成熟したもので、表面にバリアーを張り除去しにくく、
    また薬も浸透しにくい状態になります。
    しかも、歯ブラシの届かない歯周ポケットに形成されると、家庭での清掃だけでは十分ではなくなり、
    むし歯や歯周病を発生・悪化させるため、PMTCでの除去が望まれます。

  • PMTCの効果

    1. むし歯の予防

    2. 歯質の強化

    3. 歯周病・歯肉炎の予防・改善

    4. 本来の歯の色への回復

診療時間表
三宅歯科医院

【所在地】〒768-0103 香川県三豊市山本町財田西315
【TEL】0875-63-8500
【診療科目】一般歯科 / 小児歯科 / 予防歯科 / 床矯正歯科
【駐車場】15台
【休診日】木曜午後・日・祝日

>> お問い合わせフォームはこちら