MENU

矯正歯科医院には、色々なかみ合わせの子供たちが相談にきます。

よくない咬み合わせのことを「不正咬合」あるいは「咬合異常」といいます。
不正咬合の原因には、あごの骨や歯の形・大きさに関する遺伝的なものと、頬づえや指しゃぶりなどの悪い習慣による環境的なものがあります。
実際には色々な原因が重なって、様々な状態の不正咬合になりますが、歯並びの相談にくる子供たちは実は同じ問題を抱えている場合が多いのです。
それは「口呼吸をしている」ということです。

01.口呼吸をする
02.舌の位置が悪くなる
03.頬の圧力が上の歯列にかかりやすくなる
04.上あごが狭くなる 
05.下あごが狭くなる、下あごの位置が悪くなる
06.様々な不正咬合が生じる

■不正咬合でよく見る例

ご質問、お問い合わせなどお気軽にご連絡ください
TEL:0875-63-8500〒768-0103香川県三豊市山本町財田西315
診療時間:午前8:30-12:00/午後14:00-18:30※休診日木曜午後・日・祝日

©2018 三宅歯科医院