スーパーポリリン ホワイトニングシステム👄

特に20代女性の矯正の患者さんから、段々歯並びも綺麗になって、治療が終わる頃になると、

『先生、今度は歯も白くしたいんです。ホワイトニングしてもらえませんか?』

と言った要望が増えてきました。

 

今までも、ホワイトニングは希望があれば、歯型を採得し、マウスピースを作製ホームホワイトニングのキットを渡し、

自宅でやって貰うようにしていましたが、従来のホワイトニングは、確かに白くはなるけど、

薬液で歯質表面を溶かしてそこに漂白材を入れ込む方法でしたので、ホワイトニングを行った後、

しばらくはコーヒー☕ワイン🍷の飲み物制限や濃い食べ物制限があり、とても不便でした。

しかも、歯ぐきに薬液が触れるとピリピリ感が多少ありましたので、本人からの要望があればお渡しするという感じでした。

決して、ホワイトニングに興味がなかった訳ではないけど、日本のホワイトニングはまだ数種類しかないし、海外輸入のホワイトニングは

かなり種類も豊富で良いのがあると聞いていましたが、輸入するの高そうだな~~と、ついつい手薄になっていましたが、

ホワイトニングにとても関心のある人が増えてきたし、ちょっとホワイトニング勉強会に行ってみました。

 

ポリリン酸ホワイトニング

これは素晴らしい‼今までのホワイトニング材料と違う‼これなら安心して患者さんに勧められる‼』と嬉しくなりました(*^▽^*)

 

~~考案者~~ 柴 肇一(しば としかず) 1991年大阪大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)

北海道大学理学部に助手として赴任後、1993年より米国スタンフォード大学医学部生化学科のアーサー・コーンバーグ教授(1959年にノーベル医学生理学賞を受賞)

に博士研究員として留学し、生体内ポリリン酸の研究を開始した。

 

1995年より北海道大学大学院工学研究科助教授として赴任し、ポリリン酸の生理機能研究をさらに進めた。

その結果、ポリリン酸が、組織再生促進に有効な物質であることをつきとめた。

その後、高い分子量のポリリン酸を、

  分割ポリリン酸とすることで、歯再生材料等の医療機器や、オーラルケア商品を含む各種ヘルスケア商品に応用する技術を開発した。

 

  第5回バイオビジネスコンペJAPANにおいて優秀賞

  TAMAビジネスプランコンテスト2007で関東経済産業局長賞

  第6回日本バイオベンチャー大賞でフジサンケイビジネスアイ賞

  第7回多摩ブルー・グリーン賞2009で優秀賞及び特別賞

  JAPAN Venture Award 2011で大学発ベンチャー賞を受賞している。

 この分割ポリリン酸の凄いところは、ただ単に歯を白くするだけでなく

ステインの除去や、歯の着色予防効果、歯垢の付着予防効果、口臭予防効果もあり、

ポリリン酸の歯磨き剤で磨いたり、洗口液でうがい後、

  歯がつるんつるんして気持ちがいい!

本来、歯のホワイトニングは、口腔内に薬液を使用しますので、法律上、歯科医師免許取得者が取り扱います。

 

薬剤の取り寄せには

委任状、輸入報告書、歯科医師免許のコピーが必要です。

厚生労働省~横浜税関~日本郵便の手順が必要です。

 

歯の細かなひび割れやすり減り、エナメル質の薄い部分などは、ホワイトニング剤によっては、

その刺激が、知覚過敏を引き起こす事があります。

 

ホワイトニングは、歯科医院でされることをお勧めします。

 

 

分割ポリリン酸で、歯を予防コーテイングしてみませんか?